お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

入院や手術に備えたい

病気やケガで入院・手術をすると、入院日数や手術内容によって大きな費用がかかることがあります。また、入院して仕事ができなくなると、収入を得ることができない場合もあります。収入がないときに手術や入院で高額な医療費用が必要になると、貯金を取り崩したり、手持ちの資産を売却したりしなければならないケースも出てきます。

最近、「先進医療」という言葉を耳にすることが多いと思います。
この「先進医療」は‘がん’に対する治療のみならず、がん以外の病気・ケガに対する効果的な最新の治療法として適用されているものであり、その技術料は様々です。
一般治療と比べ、高い効果を期待できるのですが、技術料は健康保険適用外のため全額自己負担になります。(特に重粒子線・陽子線治療の技術料は高額で平均200~300万円です)
この様に万が一、入院・手術・更には高額先進医療が必要になったときの備えとして、今や「先進医療特約のついた医療保険・がん保険」を選ぶことが当たり前になっています。
医療保険やがん保険に加入すれば、治療のために入院をしたときに入院日数に応じて一定の入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。入院前後の通院も通院日数に応じて、通院給付金が給付されるものもあります。
多くの保険会社が先進医療特約も販売しており、高額な先進医療の治療も安心して受けることが出来ます。万が一の入院や手術に備え、保障が充実している医療保険に加入する事をおすすめします。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類