お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

老後や介護に備えたい

現役で仕事が出来ているうちは、万が一の事態になっても、収入、貯蓄でカバーできますが、老後は収入がないので、万が一の時には退職金や今までの貯蓄、そして年金で過ごしていかなければなりません。老後の準備を怠っていると、資金不足で豊かな老後の生活が送れない可能性があります。このような事態にならないためにも、若いうちから将来に向けたお金の準備は必要です。保険には保障機能だけではなく、貯蓄機能も兼ね備えた商品がありますので、賢く活用して老後資金の準備をしましょう。

また、老後は病気やケガのリスクも増えますので、それらに対し、現役時代以上に備える必要があります。また、介護に関しても国の介護保険はあるものの、十分かというと決してそうとは言えません。収入の少ない老後に病気・ケガ・介護にお金を費やすのは大変負担がかかりますので、医療保険や介護保険でしっかりと備えておきたいものです。このように保険には多くの機能がありますので、上手に活用して充実したセカンドライフを迎えられるよう準備する事をおすすめします。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類