お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

三大疾病に備えたい

三大疾病とは、ガン、心筋梗塞、脳卒中の3つの大きな病気のことを指します。
これらの病気は日本人の死因の中でも上位を占めており、特にガンは、日本人の2人に1人がかかる病気と言われ、治療費も高額です。最近のガン手術は入院自体、短期間で、あとは通院という治療法が主流となってきています。しかし、これはあくまで程度が軽い場合であって、進行具合によっては長期の入院を余儀なくされるかもしれません。ほかの2つの病気に関しても同様です。これらの病気に備えるために、多くの保険会社が三大疾病に特化した商品を提供しておりますので是非加入することをおすすめします。

三大疾病の場合、保険会社によって保障内容に大きな差があるため、いろいろな保険会社の商品を比較検討したうえで加入する必要があります。例えば、三大疾病に何回かかっても回数無制限で一時金や入院給付金が支給される商品があったり、三大疾病になった場合には保険料が免除になる特約を付加できる商品もあります。また、医療保険に特約として三大疾病の保障を付加する方法もあります。
三大疾病のような重大な病気は再発するリスクもあるので、しっかりと情報収集したうえで最適な商品を選びましょう。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類