お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

万が一に備えたい

万が一に備え、保険に加入することを検討する場合、まずは、ご自身に万が一の事態が起こってしまった際にどのような費用がかかるのかを想像してみましょう。

大黒柱である働き手に万が一の事態があれば、残された家族の生活資金・子供の教育資金・自身の葬儀費用・借入金があればそれもすべて残された家族の経済的負担となって残ります。大切な家族が路頭に迷うことのないよう、必要資金を試算し、いくら保険が必要かを明確にしたうえで保険に加入することをおすすめします。また、自動車保険も、交通事故などの賠償金はとても高額になる場合があるので、自分のためにも家族のためにも十分な保障を準備することをおすすめします。万が一の事態に万全に備えるために、自分の生活環境や経済環境を考慮し、必要額を明確にしたうえで保険に加入しましょう。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類