お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

子供の独立

子供が独立するまでは、子供の教育費用など子供への備えのためにある程度の資金が必要となります。そのため、両親に万が一の事態が起こった場合に備え、しっかり準備しておくことが大切です。
子供をどのような教育方針で育てるかを、ご夫婦で話し合ってみましょう。例えば高校は私立か公立か、大学は文系か理系かなど、教育方針によって準備する必要のある額が大幅に変わります。必要額がいくらなのかをしっかりと検討し、把握することが保険に加入するうえで重要なことです。

また、保険は加入したままではなく、定期的な見直しが必要です。
子供が独立をしたときも見直しをする事が必要です。子供の独立で準備していた大きな保障が必要なくなり、その部分を減額したり、外したりすることで保険料を下げることができます。
子供が独立したからと言って保障を全てなくしてしまうと不安が残りますので、一生涯の保障である終身部分のみを残すという方も少なくありません。子供の独立で必要な保障だけを残し、必要なものを必要な分だけ準備して保険料を安く抑えることができるようになります。ライフスタイルが変わったときは保険の見直しをすることをおすすめします。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類