お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

相続

かつては生命保険の話をするだけで、生きているうちから縁起でもない!と毛嫌いされる方が多かったようですが、実はこの生命保険、相続対策にも活用できる優れものです。
相続はいつ起こるかわかりませんので、相続対策を目的とする場合には、保障が一生涯続く「終身保険」がおすすめです。

相続対策を考えるうえで一番大切なことは「争続」にならないようにすることです。
未だに兄弟間の相続争い、すなわち「争続」のトラブルが多く発生していますが、生命保険を活用することで「争族」を回避することが可能です。例えば、相続財産が自宅のみの場合、自宅を売却しない限り、兄弟間で平等に財産分けをすることができません。このような場合には、長男に自宅を相続させ、他家へ嫁いだ姉や妹には姉妹を受取人とする生命保険に加入しておけば、自宅を売却することなく財産を分けることができます。
このように、生命保険は単なる保障だけでなく、様々な活用法がありますので、あなたの資産活用に賢く取り入れられることをおすすめします。

年齢・性別から選ぶ

年齢と性別から保険商品を選ぶことができます

年齢
性別
保険種類